高齢者の年齢にマッチ!認知症予防で後から後悔しないための自己管理

女の人

将来に備える

夫妻

認知症予防には色々な方法がありそれぞれに特徴があります。最近利用される方が増えているサプリメントによる認知症予防の特徴は、余計な時間を使わなくても出来るという特徴があります。脳のトレーニングをする時には、トレーニングする時間が必要になりますが、サプリメントの場合は毎日それを服用するだけで良いのでそのような時間は不必要です。また、脳のトレーニングによって予防や対策をする方法は、時間はかかりますが定期的に行うことで高い効果を期待できるのが特徴です。高齢者の年齢にマッチした方法が色々とありますので、年齢が高くなってきたらそれらの方法を利用して将来的に認知症にならないように工夫をしていきましょう。

将来に備えて認知症予防をしていく場合の注意点は、早い段階から行う必要性があることです。理由は認知症予防として脳のトレーニングをする時に、既に軽度の認知症になっているとトレーニングが出来なくなってしまうからです。なのでボケてしまう前、認知症になる前にそれらの予防策をしていくようにしましょう。いまは認知症の予防に効果が期待されているサプリメントもあるので、それを早い段階から飲み始めることも大切です。良いとされている成分はたくさんありますが、血液サラサラ効果のあるDHA、EPAやココナッツオイルなどが多くのサプリメントに有効成分として配合されています。配合量や入っている成分、また単価もメーカーごとに違っているので、それらを比較した上で購入しましょう。形状もカプセルタイプや粉末タイプなどあるので、飲みやすく続けやすいものを選択するようにしましょう。

健康食品考えます

笑う女性

効率的な栄養補給のために、健康食品が普及しています。その原材料として幅広く活用されている大豆から製造されるエクオールは、通常の状態で摂取するよりも高い効用があります。特に、更年期症状の改善には、効果的なサプリメントです。

この記事を読む

健康に効果のある菌とは

メディシン

乳酸菌は免疫システムの正常な活動に良い効果をもたらすと言われています。サプリメントで補うことも可能ですが、まだサプリメントを愛用できない乳幼児の場合には、母乳育児が推奨されています。様々な食品からも摂取できる大切な菌です。

この記事を読む

動脈硬化の予防

サプリ

EPAには、血液を固める血小板の集まりを抑制する力があります。そのためEPAのサプリメントを飲むと、血液が固まりにくくなることから血行がスムーズになり、動脈硬化を防ぎやすくなります。それにより、心筋梗塞や脳梗塞も予防できます。また、血行によるエネルギー消費量が増えるため、ダイエット効果も出てきます。

この記事を読む